福岡のクリーニングのプロが設立した日本洗浄士協会が運営する、行列のできる「キレイ」相談所が皆さまのご質問にお答えします。

白髪染め

市販の白髪染めを使っているのですが・・・ダメージが気になります





まず、白髪染めで髪のダメージがでているのであれば、白髪染めのやり方を見直してみる必要があるかもしれません。

よくある問題点としては・・・


1、毎回毛先まで染めてしまう。
2、説明書に書いてある放置時間より、長く時間を置いてしまう。
3、白髪染めをする時に、必要以上に髪を付属のコームなどでゴシゴシ梳いてしまう。


まず、「毎回毛先まで染めてしまう。」
これは自分で白髪染めをする時にはついやってしまいますが、髪の毛は根元が新しく(ダメージを受けにくい)毛先が古い(ダメージを受けやすい)ので、白髪染めの薬剤(髪の毛にあまり良い影響を与えない物)を、毎回毛先まで伸ばしてしまうとハイダメージに繋がります。
なので、白髪染めをする時には細かく分けて、根元部分だけに塗布するといいと思います。


次に、「説明書に書いてある放置時間より長く時間を置いてしまう。」
これも、そう思ってやっている人が意外と多いのではないでしょうか?
実は、カラー剤には個々に適切な発色時間があります。その時間以上に置くと髪のダメージの原因になったりキレイな色がでなかったり、色持ちが悪かったりします。
だから説明書に書いてある時間を守ってください。


最後に、「白髪染めをする時に、必要以上に髪を付属のコームなどでゴシゴシ梳いてしまう。」
これも気になって何回もコームでイジってしまいますよネッ!!
しかし、カラー剤が付いている髪の毛は不安定な状態でダメージを受けやすいので、必要以上にコームを通さないで下さい。


以上を、白髪染めする時に気を付けるだけでも随分違うと思います。



さて、ダメージ毛に対してのホームケアーですが・・・



「トリートメントをして下さいッ!!!」 



・・・当たり前過ぎますネッ(笑)


ただ、市販のトリートメントもそんなに悪くないですから・・・(あくまで「そ・ん・な・に」デスヨッ!!!)



問題は、シャンプーですッ!!!


シャンプーのチョイスを間違えるとよろしくないです。
そこで、白髪染めをしている方に適しているシャンプー選びのポイントをいくつか書きますネッ♪♪♪


☆洗浄力が強すぎないシャンプー
☆タンパク質が配合されているシャンプー
☆クエン酸などが配合されている酸度の高いシャンプー


まず、「☆洗浄力が強すぎないシャンプー」
人の髪の毛はそんなに洗浄力の強いシャンプーで洗わないといけないほど汚れてません(笑)
逆に髪の毛の内部の必要なモノ(細胞間脂質)まで流出します。


次に、「☆タンパク成分が配合されているシャンプー」
カラーをすると、髪の内部のタンパク質が失われるので、シャンプーのタンパク成分で補う必要があります。


最後に、「☆クエン酸などが配合されている酸度の高いシャンプー」
カラーをした後の髪の内部には残留アルカリがあります。そのまま放置していると髪の内部のタンパク質が流出するので、中和してやる為です。




参考になったでしょうか!?(あくまで、白髪染めがアルカリ染料の場合を想定しての回答です)





タグ :白髪染め

同じカテゴリー(男磨きの救世主!)の記事
 トリートメント・リンス・コンディショナー (2009-11-17 14:06)
 朝シャンって・・・ (2009-11-06 19:01)
 頭皮が堅くなると・・・ (2009-10-29 22:42)
 シャンプー選び (2009-10-28 16:29)
 シャンプー選び (2009-10-24 15:43)


日本洗浄士協会 キレイの相談Q&Aトップへ
洗浄士に相談する!
QRコード
QRCODE
プロフィール
日本洗浄士協会
インフォメーション

△ページトップへ