福岡のクリーニングのプロが設立した日本洗浄士協会が運営する、行列のできる「キレイ」相談所が皆さまのご質問にお答えします。

バックスキンバッグのカビ

10年ほど前にいただいた、イタリア製のバックスキンのバッグですが、ここ数年つかわずにしまったままにしていたら、かびがはえてしまいました。自分でできるお手入れ法があったら教えてください。 
バックスキンのバッグのお手入れは、自家処理されるには難しいかもしれません
ですが、せっかく質問いただいたので、簡単な処理方法をご紹介します。


まずは、毛先の柔らかいブラシでやさしくブラッシングしてください
エチケットブラシなどで良いです。


もしそれで落ちなければ、サンドペーパー(#800~1500)で、
軽く円を描くようにこすります。

それでバッグスキンに影響がないと判断された場合は
もう少し強めに処理しても良いですね。

※バックスキンの状態を確認しながらしてくださいね!


これ以上の処理は、バッグの場合はご家庭処理はお勧めできません




【カビの繁殖しやすい条件】
①栄養
②温度(20℃~25℃)
③湿度(80%)

と言われています。
特に革製品には動物性たんぱく質という栄養が含まれていますし、
日本は湿度が高いためカビの繁殖が活発です。


特に梅雨時期の保管には注意が必要ですね。

除湿機を使用したり、時々風通しの良いところにおいてあげたりと
湿気対策を十分にすることをお勧めします!
















同じカテゴリー(家庭染み抜き研究家)の記事画像
家庭での染み抜きで注意する2つのポイント
同じカテゴリー(家庭染み抜き研究家)の記事
 ポリエステル100%のダウン風ジャンバーに灯油をこぼした染み (2009-12-21 18:57)
 ドライクリーニングって?白いブラウスがくすんだ・・・ (2009-11-13 18:30)
 家庭での染み抜きで注意する2つのポイント (2009-10-16 19:41)


日本洗浄士協会 キレイの相談Q&Aトップへ
洗浄士に相談する!
QRコード
QRCODE
プロフィール
日本洗浄士協会
インフォメーション

△ページトップへ